利用規約

動画コンテンツ配信サービス利用規約

動画コンテンツ配信サービスの利用規約を下記の通り定めます。

本規約は、一般社団法人WARE ASSOCIATION(以下、「当法人」といいます。)が提供するサービス「オンライン バイブル カレッジ」に関連する動画コンテンツの配信(以下「本サービス」といいます。)について定めるものです。

第1条(本規約の適用範囲)

本サービスの利用を希望される方(以下「ユーザー」といいます。)は、本規約のほか、当法人のウェブサイトの記載内容、及び当法人からの通知事項等(以下、本規約と併せて「本規約等」といいます)にも従うものとします。ユーザーは、本サービスの利用に当たって、本規約等をよく読み、理解し、同意した上で申込み、利用するものとします。当法人は、ユーザーが、本サービスの利用を申込み、又は本サービスを利用したときは、本規約等に同意しているものとみなします。

第2条(本サービスの利用申込み、支払い)

  1. 本サービスは、本規約のほか、適用される法令等を遵守している者に限り、利用することができるものとします。未成年の方は、保護者(法定代理人)から本サービスを利用する許可を得ていることを表明し、保証したものとみなします。
  2. 本サービスは個人で利用するものとし、法人での利用やアカウント作成については別途、当法人への申請と許諾を必要とします。
  3. ユーザーは、視聴申込みフォームに必要事項を記載頂く方法等、当法人がウェブサイトで指定する方法により、本サービス利用契約の申込を行うものとします。
  4. 当法人は、当法人の基準に従い、ユーザーの申込みに対する審査を行い、利用申込みを承諾する場合には、本サービスの利用に必要なログインURLをメールにて送付するものとします。当該通知を発信した時点で本規約に基づく利用契約は成立するものとします。
  5. 前項に定める審査の結果、申込みを承諾しない場合でも、当法人は理由の開示を行う義務はないものとします。
  6. ユーザーは、第四項で定めるログインURLに、ユーザーが設定したユーザー名とパスワード(以下、パスワード等)でログインし、当法人が指定する方法(クレジットカード等)で、本サービスの利用料金を支払うものとします。決済が確定した時点から本サービスの視聴が可能になります。なお、当社の定める利用料金は、事前に本サービス上で通知することにより変更されることがあります。
  7. 当法人は、ユーザーが本規約に基づいて支払った利用料金は、理由の如何を問わず、いかなる場合も返金いたしません。
  8. 利用料金支払い後の本サービスの返品・キャンセルはお受けできません。 

第3条(本サービス利用のための視聴環境等)

ユーザーは、本サービスを利用するために必要な視聴環境(パソコン等のハードウェア、ブラウザ等のソフトウェア、通信環境等)は、ウェブサイトの記載を確認の上、ユーザーの負担及び責任において準備及び維持するものとします。

第4条(ログインURL及びパスワード等の管理)

  1. ユーザーは、当法人が周知したログインURL及びユーザーが設定したパスワード等を自己の責任で管理するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしたりしてはならないものとします。
  2. 当法人が発行したログインURL及びユーザーが設定したパスワード等によってなされた行為は該当するユーザーによるものとみなし、パスワード等が第三者に利用されたこと等によって、ユーザーに損害が生じた場合でも、当法人に故意または重大な過失がある場合を除き、当法人は一切の責任を負いません。
  3. ユーザーは、ログインURL及びパスワード等が盗まれたり、第三者に使用されていたりすることが判明した場合には、直ちにその旨を当法人に通知するとともに、当法人からの指示に従うものとします。

第5条(提供期間及び提供期間の更新)

  1. 本サービスの提供期間は、当法人がパスワード等をユーザーへ送付した日から70日間とします。ただし、第8条の規定に基づいて本サービスが終了した場合には、この限りではありません。
  2. ユーザーは当社の定める方法により利用停止の意思を示し、当社にその意思表示が到達した時点で利用を停止することができます。利用停止の申し出がない限り、提供期間は自動的に70日毎に更新されます。別途定めがない限り、ユーザー及び第三者からの電子メール、電話、郵便、直接訪問等による利用停止の手続きは一切行わないものとします。

第6条(禁止行為)

  1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
    (1)複数人で共同して本サービスの動画コンテンツを視聴すること(例えば、動画コンテンツをプロジェクタ等に投影して複数人で視聴する方法を含みますが、これらに限られません。)
    (2)本サービスの動画コンテンツの一部または全部を当法人に無断で転載すること
    (3)本サービスの動画コンテンツの一部または全部を当法人に無断で第三者に貸与又は譲渡すること
    (4)本サービスの動画コンテンツの一部または全部を当法人に無断で改変もしくは要約すること
    (5)当法人又は本サービスの他のユーザーその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)
    (6)コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信、インストール、アップロードその他方法により使用する行為
    (7)当法人ウェブサイト上の動画コンテンツをダウンロード、キャプチャー、保存する行為
    (8)本サービスに関するソフトウェア、テキスト、ソースコード、画像、動画その他コンテンツ、オブジェクトに対し、複製、修正、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、翻案する行為
    (9)当法人ウェブサイトを他のウェブサイトのフレームに表示する行為
    (10)本サービスを利用して、商品、サービスの広告、宣伝を行い、または資金調達を行う行為
    (11)犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
    (12)宗教活動もしくは宗教勧誘を目的とする行為
    (13)営業活動もしくは営利を目的とする行為
    (14)当法人による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
    (15)未成年者が親権者の同意を得ずに本サービスの利用申込みをする行為
    (16)本規約等に違反する行為
    (17)その他、当法人が不適切と判断する行為
  2. 当法人は、本サービスにおけるユーザーによる情報の送信行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当法人が判断した場合には、ユーザーに事前に通知することなく、当該情報の全部又は一部を削除及び本サービスの利用を停止又は中断することができるものとします。
  3. 当法人は、本条に基づいてユーザーに対して講じた措置に基づいてユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第7条(権利・帰属・著作権)

当法人が本サービスで提供する動画コンテンツに対する著作権(著作権法第27条及び28条に定める権利並びに著作隣接権を含みます。以下同様です。)は、当法人及びキリスト教福音宣教会、または当法人が許諾を得た正当な権利を有する権利者に帰属するものであり、本サービスの利用によりこれらの権利をユーザーに移転させるものではありません。

第8条(本サービスの利用停止等)

  1. 当法人は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に又は緊急の場合には事後に通知することによって、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
    (1)本サービスに係るコンピューター・システム、ソフトウェアの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    (2)コンピューター、通信回線等が停止した場合
    (3)火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    (4)その他、当法人が停止又は中断を必要と判断した場合
  2. 当法人は、当法人の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当法人はユーザーに事前に通知するものとします。
  3. 当法人は、本条に基づき当法人が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条(解除)

当法人は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当すると当法人が判断した場合は、事前に通知又は催告することなく、当該ユーザーについて本サービスの利用を一時的に停止し、又はユーザーとしての登録を取り消すことができます。
  (1)本規約等のいずれかの条項に違反した場合
  (2)登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
  (3)その他、当法人がユーザーとして適当でないと判断した場合

第10条(免責)

  1. ユーザーは、自己の判断によって当法人ウェブサイトにアクセスし、本サービスを利用するものです。当法人は、コンテンツの最新性・完全性・正確性・有用性・安全性等及び本サービスを利用した結果について何ら保証も行うものではありません。
  2. 本サービスにより提供された情報に基づいてユーザーが行った判断及び起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、当法人はその責任を負うものではありません。
  3. 当法人は、本規約等において明示的に認めたものを除き、いかなる直接的、間接的、特別、結果的損害についても補償しません。
  4. 当法人の責に帰すべき事由によってユーザーに損害を与えた場合、当該ユーザーが支払い済みの利用料金を限度に賠償するものとします。但し、当法人に故意または重過失があった場合には、この限りではありません。

第11条(権利譲渡等の禁止)

本規約等に定める場合を除き、ユーザーは、ユーザー資格及び本規約等に基づきユーザーが当法人に対して有する権利及び義務の全部又は一部を第三者に譲渡、貸与、使用、承継させ又は担保に供するほか、一切の処分をしてはならないものとします。

第12条(存続条項)

いかなる理由により本契約が終了した場合でも、第4条、第6条乃至8条、第10条、第11条、本条及び第13条は効力を有するものとします。

第13条(管轄裁判所)

本契約に関するユーザーと当法人との間に生じる一切の紛争の解決については、訴額に応じて横浜地方裁判所または横浜簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(2019年 6月 1日制定)